サイズ

スタバサイズの読み方は何語?大きさや容量は何mlでお得なのは!?

スターバックスのドリンクのサイズの読み方はなんていうの?そしてスタバだけなぜSやMやLサイズと言わずに何語なのか!?ということについてお伝えしていきます!

また、大きさによっての容量は何mlなのか?どのサイズが一番お得なの?ということについても徹底調査していきましょう♪

スタバのサイズの読み方とは!?何語なの?

まずはスターバックスコーヒーのサイズについて最初に把握しておきましょう♪

Short:ショートサイズ

Tall:トールサイズ

Grande:グランデサイズ

Venti:ベンティサイズ

スターバックスに存在するサイズはこの4つとなっています。他のカフェなどではSMLでサイズを分けていたり、RとLでレギュラーとラージというパターンもかなり多いですよね。タリーズでも実はスタバとちょっと似てるんですが一番大きいサイズのベンティだけ「エノルメ」という言い方で違います。

では、スターバックスのドリンクサイズの読み方は何語なのか!?というのが気になるところですが言語は、、、

英語&イタリア語です!

え?英語とイタリア語って両方?という疑問を持って方もいると思います!笑

実はショートとトールは英語です。そしてグランデとベンティはイタリア語。なんでサイズ表記で英語とイタリア語を混ぜてるんだろう・・・。と素朴な疑問ですよね。私もこれを最初に知った時は不思議でした!

スタバ自体はアメリカのシアトル発祥のカフェなんですが、社長CEOであるハワードシュルツさんがイタリア発祥の「エスプレッソ」に敬意を評してサイズ表記にイタリア語を混ぜた、と言われているのですっ!

これは知っていてもどうでもいい知識かもしれませんが、ちょっと知っていると小ネタになりますよ?笑

という訳でスタバのサイズの読み方はショート、トール、グランデ、ベンティと呼びます。また、何語なのか?については英語とイタリア語が混ざっている!ということでした♪

ちなみに、さらに余談ですが日本ではなくアメリカや海外のスタバでは実は5つ目の大きなサイズが存在しています。それが、、、

トレンタ

です。トレンタサイズはなぜか日本ではないんですが海外のスタバでは一番大きなサイズとして販売されています!ただ、とてつもない量ですのでさすがは海外仕様!という感じになっていて、日本には未上陸のままだろうなと思います。笑

スタバのサイズ毎の値段が気になる!

さて、では気になるスターバックスのサイズごとの値段についてです。

ドリンクの値段についてはもちろんドリンクの種類によって異なってくるんですが、実はサイズによる差は全て同じとなっています。

ドリンクのサイズによる差は基本的に40円!となっています。

ショート→トール=40円UP!

トール→グランデ=40円UP!

グランデ→ベンティ=40円UP!

このように1サイズアップするごとに40円プラスになると覚えておきましょう♪ショートサイズの価格がそれぞれのドリンクの種類によってもちろん違うのでショートサイズの値段さえ把握しておけばサイズ毎の値段はすぐにわかりますね!笑

スタバの各サイズの容量は何ml?

では、スターバックスの各サイズの容量は何mlなの!?というのも疑問だと思います!それぞれのサイズの容量はというと

ショートサイズ→240ml

トールサイズ→350ml

グランデサイズ→470ml

ベンティサイズ→590ml

容量についても値段と同じように同じ量だけ増えていればいいのに、微妙に違いますね!ただ、トールサイズが一番の基本となり350mlなので缶と同じ量!と覚えておきましょう♪

ベンティサイズはかなり量が多いな〜と感じますね!

ちなみに。先ほどお伝えした海外にしかないトレンタサイズの容量はというと、、、31オンス(約916ml)となっています。1リットルと言ってもいいレベルの量なので飲み干すのがかなり大変です。そりゃ日本未上陸なサイズなのも納得ですね。そしてこれを頼む海外の人ってやっぱりすごい!笑

スタバのサイズで一番お得なのはどれ?

では、どのサイズを注文するのが一番お得なの!?という疑問もここで生まれてくるかもしれません。これは正直一概には言えない部分があります。

まずは、容量に対してのお得度を試しにドリップコーヒーで計算してみましょう。

ショート=280円:240ml

トール=320円:350ml

グランデ=360円:470ml

ベンティ=400円:590ml

1mlあたりの金額を比較してみると

ショート=約1.16円

トール=約0.91円

グランデ=約0.76円

ベンティ=約0.67円

ということで量だけで比較した場合はサイズが大きいほど1ml当たりの値段は安くなります。何mlか?の容量で比較した場合のお得度はベンティが一番です!

ただし、実はドリンクによってはただ容量だけで比較するのは違うということがあります。それはエスプレッソが入ったドリンクです。(ラテ系のドリンクなど)なぜか?というとサイズによってのショット数は違います。基本的にはショートとトールは同じ1杯。グランデは2杯、ベンティは4杯となります。つまり、サイズによって同じドリンクでも濃さが違います。

ショートとトールは同じショット数にも関わらず容量は110mlと異なるのでミルクの量が違ってエスプレッソの濃さが変わります。どちらの方が好みか?という基準になってしまいますが、ぜひ好みのサイズをご自身で見つけてみてくださいね♪

SORA’S VIEW

今回はスタバのドリンクサイズについて読み方や量をチェックしてきました!私は基本的にアイスコーヒーの注文が多いのでトールサイズで注文することが多いです!

最近では新作のフラペチーノはトールサイズのみ!というものも多くなっているのでどのドリンクでも全サイズがあるわけではない!ということも覚えておくといいかもしれませんね♪

 

家で美味しいコーヒーが飲める時代に!!


もちろん今や外に出ると様々なところで美味しいコーヒーを飲むことができます!でもやっぱり朝起きてすぐに美味しいコーヒーを飲みたいし、飲みたい!と思った時にすぐに美味しいコーヒーがあるといいですよね!

そこでオススメ!すぎるのが”ネスカフェドルチェグスト”です♪

  1. マシン代無料
  2. 20種類以上のカフェメニュー
  3. 専用カプセルが定期的に届く

好きなコーヒーが見つかる